薄型レンズメガネのメリット

目が小さくなりづらい

薄型レンズのメガネを選ぶメリットは何と言っても、目のサイズへの影響を小さく抑えられることではないでしょうか。いわゆるド近眼の人は、レンズに厚みが出やすいですが、厚みがあるほど目は小さく見えてしまいます。そのためメガネをかけた時の印象が違ったものに見えやすいですし、目が小さくなることを気にしてコンタクトレンズを装用する人もいるほどです。薄いタイプのレンズですと、厚みのあるレンズよりも目が小さく見えずに済むため、積極的に薄型を選ぶという人も多くいます。ただ、目が小さく見えるのは、レンズの影響だけではありません。選ぶフレームやレンズと目の距離も影響してくるため、そうした要素も含めた選び方が大切になってきます。

軽くて負担になりにくい

レンズが薄くなることで、軽量化できるのもメリットのひとつです。特に非球面タイプのレンズは球面タイプと比べ、薄くて軽い構造になっています。極端に重量が異なるわけではないものの、メガネ利用者からすれば、できるだけ軽い方が助かるものですよね。常にメガネをかけていると、耳や鼻当て部分に負担が発生しますし、疲労を感じてしまう人も中にはいるでしょう。また、鼻当ての跡が残ってしまいやすく、外す時に気になる人もいるはずです。薄型レンズですと比較的、そうした負担が少なくなり、快適にメガネを使用することができます。昨今ではレンズだけでなくフレームにも工夫を凝らしたメガネも登場し、従来品よりも重量を感じにくいとして人気を博しています。

めがねを購入する際、自分の顔型にあったフレームを選びます。サイズを調整する際、黒目の位置を確認します。