厚いレンズメガネのデメリット

近視と遠視のレンズの違いと厚いレンズのデメリット

おしゃれアイテムとしても大きな印象を与えるメガネですが、本来の用途は視力の矯正のために用いられています。コンタクトレンズを使う選択肢もありますが、メガネは使う人が安全に使用できるように年々改良が進んでいます。視力矯正とひと言でいっても近視や遠視、乱視などに用いられるなど構造や用途は多種多様です。

近視の場合、矯正のメガネレンズは中心が薄く縁が厚いので対象物が小さく見えるほか、そのメガネをかけている人を周囲の人からは目が小さく見えるデメリットがあります。これはレンズの凹凸の構造からくるもので近視は凹レンズ、遠視は凸レンズが使われており、遠視のメガネレンズを使用すると周囲の人からは目が大きく見えるのです。どちらも度数が高くなるほど見え方の変化が大きいことがわかります。

ガラスレンズのデメリット

厚いレンズは近矯正のためとはいえ、目が小さく見えるなどデメリットもあります。改善するためにはフレーム選びが重要でブリッジと呼ばれる鼻の部分や智と呼ばれるレンズの外側を広げるなど、フレームの横幅を小さくする方法もあるのです。この他にも、目とレンズが離れるほど目が小さく見えるため、なるべく目とレンズの距離を短くするという改善策もあります。 厚いレンズメガネは近視矯正をするレンズだけではなく、レンズの素材によって厚いものもあるのです。近年では安全性の問題から使用する人は少なくなりましたが、ガラスレンズが主流であった時代もありました。割れやすく厚みがありレンズの重いものや、傷つきやすく破損すると目に危険が生じるなど、デメリットが多くありましたが、現在ではプラスチック製の素材が主流となっています。

眼鏡の鼻パッドは汚れると交換をする人が多いですが、多少の掃除をすれば交換をしなくてもまだ使えることがあります。掃除をする場合は綿棒や歯ブラシを使えば細かい手入れが可能です。