厚いレンズメガネのメリット

メガネの価格がリーズナブルな傾向にある

厚みのあるレンズはメガネのデザインによってはフレームに収まりきらない場合もあります。ファッション性を重視する人はフレームとのバランスを考え、薄型を選ぶことが多いでしょう。ただし、レンズは度数が強くなれば厚みが増していくため、度数の強い薄型レンズを希望するとメガネの価格が高くなります。反対に考えれば、厚いレンズは価格がリーズナブルになるということです。フレームからはみ出すと言っても、一目見てわかるほど目立つわけではありません。間近でレンズに注目しなければ気付かれないでしょう。また、厚みが気にならないよう太めのフレームを選んだり、フレームなしのデザインを選んだり、見せ方の工夫である程度カバーすることも可能です。

レンズが割れにくく耐久性が高い

メガネのレンズは割れ物です。大きな力をかければ破損してしまいます。その上で強度面を考えれば、薄型より厚みのあるレンズの方が割れにくいと言えます。メガネをかけたり外したりする人は、気を付けていてもついつい外したものをどこかに置いたままにしてしまうこともあるのではないでしょうか。うっかり物の下敷きにしてしまって壊したり、上から腰かけてしまって壊したり、メガネを何かの拍子に破損させてしまうことは珍しくはありません。このような場面で、厚みのあるレンズであれば幸いにもレンズは無傷だったとなる可能性もあります。ただし、厚みがあってもレンズはレンズ。あくまで薄型よりは割れにくいだけであり、強い衝撃が加われば破損する可能性が高いため注意は必要です。